法話 〜3分間心のティータイム〜イメージ

【第1086話】 「千個目の金メダル」 2018(平成30)年2月21日-28日

1086.jpg お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1086話です。

 4年前のソチオリンピックのフィギュアスケートで、羽生結弦選手が獲得した金メダルは、日本人選手として通算10個目でした。そして、この度の平昌(ピョンチャン)大会で、羽生選手が2連覇を果たして得た金メダルは、冬季オリンピックにおける金メダルとしては、通算1000個目だそうです。金メダルひとつ取るだけでも至難なことなのに、2つの金メダルが、大きな節目を飾っている羽生選手は、常人にはない何かを持っていますね。

 オリンピックは4年に一度というところに大きなあやがあります。毎年であれば、選手はコンディションを整え易いのではないでしょうか。4年間の方が力がつくこともあるでしょうが、年齢によっては衰えることもあります。4年先まで見据えるためには、体力面のトレーニングと共に、強靭な精神力が求められます。

 そのような中で、羽生選手は2回目のオリンピックを目前にして、昨年11月練習中に右足首を怪我し、松葉杖をつくほどでした。2カ月間も氷に乗れずに、大会の1カ月半前にやっと練習ができるという状態でした。その他にも、4年の間、他の選手との衝突や、捻挫、インフルエンザといった障害もありました。選手生命が脅かされるような困難に打ち克っての勝利です。

 彼は言います。「たくさんの夢がありました。オリンピックに向かうにつれ、ひとつずづ捨ててきて、結局残ったのが、どんなことがあってもオリンピックで金メダルを取る、ということだったのです」。その夢の中には、みんなで食事に出かけるとか、コンサートを見に行くというような普通の若者が、当たり前に行っている事も含まれていたようです。しかし、彼の言動を見ていると、無理にやりたいことを我慢しているという感じではなく、氷の上での演技がすべてであると、自然体でふるまうさわやかさがあります。

 「人の心は、こだわりを持つと氷となり、無心になると水のように流れ出す」という言葉があります。勿論これは、氷のように冷たく堅い心を戒めたものです。羽生選手の心には、氷どころではない、何ものも打ち砕くことのできない強靭さがあります。その強靭さで、氷にこだわり極めて、無心になり、水が流れる如く、いや羽生選手だけに、羽が生えたかのような華麗な演技に結びついたのでしょう。そして、4分半の演技が終わって、右足に手を添え「ありがとう」と言って怪我をねぎらいました。更に氷に3度手を触れたのは、困難を乗り越え求めていた幸せが、氷のように結晶したことを実感したからでしょうか。冬季オリンピック史上1000個目の金メダルには、そんな羽生選手こそがふさわしいと、この時まで待っていてくれたかのようです。

 ここでお知らせ致します。来る3月11日(日)午後2時徳本寺にて、東日本大震災復興祈願大般若法要と慰霊法要を行います。また、やまもと民話の会代表庄司アイさんの「震災と民話」というお話もあります。是非みなさんでご参加ください。

 それでは又、3月1日よりお耳にかかりましょう。

法話のご案内 一覧