徳本寺についてイメージ

徳本寺はどんなお寺

宗派 曹洞宗(そうとうしゅう)
本尊 釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)
本山 永平寺(えいへいじ):道元禅師(どうげんぜんじ)開山・福井県吉田郡
總持寺(そうじじ):瑩山禅師(けいざんぜんじ)開山・横浜市鶴見区
山号 光明山(こうみょうざん)
開山 太庵梵守(たいあんぼんしゅ)大和尚 新潟県村上市 耕雲寺6世
沿革 嘉吉元年(1441) 岩代国伊達郡大枝村(福島県梁川町)に地頭・大條孫三郎宗行(おおえだまごさぶろうむねゆき)が建立
元和2年(1616) 大條家の移封により 宮城県山元町坂元白小路に移転建立
貞享2年(1685)と安永5年(1776)に火災に遭い焼失 その後現在地に移る
嘉永4年(1851) 現本堂を建立
平成15年(2003) 山門改築

曹洞宗はどんな宗派

仏教は、遥か2500年前に、お釈迦さまが菩提樹の下で坐禅をされて、お悟りを開かれたときが始まりです。インド・中国・日本の祖師方にその教えが受け継がれてきました。今から約800年前、道元禅師が禅の教えを中国から伝えられました。さらに4代目の瑩山禅師とその弟子たちが、各地に教えを広め、「曹洞宗」の礎を築かれました。

日常生活がそのまま、坐禅のこころを実践する生活になるようにつとめること、そのためにお釈迦さまの教えをいつも自覚し、自分勝手な行動を慎み、まわりの人々に心を砕いていこうとする教えです。

国際ボランティアの寺

社団法人シャンティ国際ボランティア会徳本寺は、外務省認可の社団法人であるシャンティ国際ボランティア会[SVA](旧称:曹洞宗国際ボランティア会)の「国際ボランティアの寺」に登録されています。(登録No.10)
特に、アジアの子供たちへ教育・文化支援を行うことによって、社会に開かれた国際貢献の寺を目指しています。
その活動を通し、国内の一人でも多くの人々が「慈悲」の心を開けるよう、その縁つくりを願っています。

住職はどんな人

住職:早坂文明早坂文明(はやさか ぶんめい)

  • 1950年 宮城県山元町に生まれる
  • 駒沢大学仏教学部卒業
  • 大本山總持寺にて修行
  • 徳本寺25代目の住職
  • 徳本寺の末寺である徳泉寺(宮城県亘理郡山元町笠野)の住職も兼務
  • 曹洞宗東北管区教化センター 前統監
  • 社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)常務理事
  • 東北新幹線開業記念イメージソング「故郷は僕に微笑む」(歌/郷ひろみ)を作詞
  • カンボジア支援CD「カンボジア・ストーリー」、神戸復興支援CD「そら」を自主制作発表(作詞担当)
  • 著書:「出版物のご案内」に掲載