納経申込み状況

17年04月05日

平成29331日現在 1,982件(6,412口)の「はがき一文字写経」の納経申込みをいただいております。総額3,206万円を超える納経志納金が寄せられました。ありがとうございます。

山元町は331日臨時災害FM局「りんごラジオ」が閉局しました。一方、災害公営住宅の整備が完了し、最後の鍵引き渡し式が行われました。役目を終えて去るもの、新しい生活に踏み出す人、どちらも確実な復興の姿です。

徳泉寺も新しい姿となって、みなさまにお参りいただけるよう復興を加速させて行きます。

徳泉寺復興の目標達成まで、あと一息のところまで来ました。今後とも、よろしくお見守り下さい。

 

徳泉寺の新本堂客殿の建設地鎮式

17年04月05日

 327日(月)建設予定地において地鎮式が行われました。当日は生憎の雨や霙の降る天候でしたが、大工棟梁、総代、役員等の参列の下、大般若祈祷法要を修行。工事安穏にて無事円成することを祈願し、参列者に焼香をしていただきました。その後、竹の四本柱の中で鍬入れ式を行い、五穀・塩・般若湯を敷地の四隅に埋めて、地を鎮めました。

 

20170405_1.jpg

20170405_2.jpg 20170405_3.jpg

「はがき一文字写経」各紙に記事掲載される

17年04月05日

 38日毎日新聞夕刊、315日中外日報、44日河北新報に「はがき一文字写経」のことが、紹介されました。おかげさまで、各地より納経が寄せられています。

納経申込み状況

17年02月03日

平成29131日現在 1,864件(6,055口)の「はがき一文字写経」の納経申込みをいただいております。総額3,027万円を超える納経志納金が寄せられました。ありがとうございます。

町内のJR常磐線が運転再開され、新市街地の整備も進み、新たな展開が始まったところです。人々の定住が確かなものになった場所へ、今後多くの方が訪れてくれるよう願うばかりです。

徳泉寺も新しい姿となって、みなさまにお参りいただけるよう復興を加速させて行きます。

徳泉寺復興の目標達成まで、あと一息のところまで来ました。今後とも、よろしくお見守り下さい。

大本山永平寺の杉の木札に写経を刻印

17年02月03日

 みなさまから寄せられた写経は、本堂完成後「一心本尊」さまの下に納めて、永代に供養します。

 更に大本山永平寺から下賜された五代杉(大震災前年に暴風により倒木したもの)で木札を作り、それに写経の文字をレーザーで刻印して、本堂内に掲げみなさまに手を合わせていただきます。

kibori_3.jpg

宮城県山元町笠野で
津波被害にあった
徳泉寺の復興記録です。

寺の再建が、祈りを必要とする多くの人々の心の再建に、つながればと願います。